転職道.com

転職道.com

タクシードライバー向け!不眠症を改善するコツ

タクシードライバーの抱える不眠症をどう改善すべきか

タクシードライバーにありがちな不眠症の悩み。しっかり睡眠を取っておかないと、仕事中に眠くなったり、居眠り運転をしてしまう原因にもなります。睡眠不足で体は疲れているのに、眠れない、そんな時はどうすればいいのでしょうか。

まずは不眠症の原因を知ろう

まずは、なぜ自分は不眠症になってしまったのか原因を探す必要があります。不眠に原因は人によって違いますから、自分は何が原因で不眠になってしまっているのか確かめましょう。不眠の主な原因として、下記が挙げられます。あなたはどれに該当していますか?
・生活リズムが不規則

・過度なストレス
・昼寝をしすぎている
・就寝前の過度なアルコール
・枕や布団が合わない
あくび
心当たりのあるものがあれば、まずはそれを取り除く工夫をしてみましょう。それでも解決しなければ、お医者さんにかかるのも良いでしょう。ただ、睡眠導入剤などは常用すると効果が出にくくなり、薬の量を増やすしかなくなってしまうので出来るだけ避けたいですね。

太陽の光を浴びる

タクシードライバーはどうしても深夜の勤務が多く、生活リズムが不規則になりがちです。そうすると不眠症になりやすくなってしまいます。不規則な生活によってホルモンバランスが崩れてしまっているのです。崩れたホルモンバランスを修復するには太陽の光を浴びるのが一番、と言われています。特に朝日を浴びるのが良いそうなので、夜勤の方は仕事のあと日勤の時は仕事の前に出来るだけ外に出て太陽の光を浴びるようにしてみましょう。
capture2

日中の仮眠を控える

夜眠れなかったからと言って、お昼に仮眠を取り過ぎてしまうと、また夜眠れなくなり悪循環が続きます。なので、そうしても眠たくなっても90分以上寝てしまうのは避けましょう。仮眠というのは15分から30分程度で十分と言われています。横たわって寝るのではなくて、うつ伏せで突っ伏して寝るようにして寝過ぎを防ぎましょう。

睡眠を促す食べ物を摂取する

食べ物の中には、睡眠を促すものがいくつかあります。寝る前に少し摂ってみるのはいかがでしょうか。

・アーモンド
・リラックス効果のあるハーブティ(カモミールなど)
・味噌汁
・バナナ
・乳製品
・ゆでたまご

上記の食べ物は、睡眠をサポートし促す効果があると言われているので、不眠症に悩んでいる人は試してみると良いかも知れません。
このように、タクシードライバーにありがちな不眠症の悩みはいくつかの方法で改善することが出来ます。悩んでいる人はぜひ試して見て下さいね。

Return Top