転職道.com

転職道.com

これで腰痛解決!タクシードライバー必携のクッション

ドライバーの悩み、腰痛を解消するクッション

長時間座ったままのタクシードライバーにとって、腰痛は避けて通れない悩みなのではないでしょうか。長時間同じ姿勢をし続けていることは、体にとって負担になるのは当たり前です。では、どのように対処していけば良いのでしょうか。

まずは腰痛の原因を知ろう

ドライバーの腰痛の原因は、長時間同じ姿勢であることによる血行不良が上げられます。腰付近の血の巡りが悪くなることで、腰が痛くなります。さらに、座っている時は、腰に上半身の重みが全部かかることになります。立っている時は、足にも分散されるので、座っている時の方がより多くの体重を腰で支えていることになります。
こうしたことにより、腰に負担がかかり、腰痛になってしまうのです。
capture4

血行不良はストレッチで改善

腰痛の原因となる血行不良は、ストレッチを行うことで改善が出来ます。トラックなどの長距離運転手よりは、タクシードライバーの方が頻繁にストレッチ出来る環境にあるのではないでしょうか。トイレ休憩のたびに、簡単な体操などを行って、滞った血の巡りをよくしましょう。

クッションで腰への負担を分散

上半身の重みを腰で支えていることにより、腰に負担がかかってしまうので、クッションを使って、負担を分散してみましょう。おしりをシートの背につけて深く座った時に、背骨の屈曲により、背中に空間があると思います。この部分にクッションを挟むことで、腰への負担が大幅に削減されます。下記のおすすめのクッションをいくつか紹介します。

・ボンフォーム(BONFORM) 背当てクッション
背骨の空間にぴったりフィットする形になっていて、車のシートに設置しても目立たないデザインです。また、いくつかの突起が背中や腰のツボを刺激するので、心地よさを得ることも出来ます。メッシュ生地なので、蒸れずに快適に使えますよ。

・MOGU ドライバーズバックサポーター
パウダービーズのクッションで腰と骨盤を優しく包み込みます。こちらも、背中を支えるとともに、骨盤の歪みも改善します。流動性のあるパウダービーズなので、自分の体にピッタリフィットしてくれます。

筋肉を鍛えて腰への負担を減らす

上半身の重みを腰で支えることで負担になっているので、背筋や腹筋を鍛えて、腰への負担を軽減することも出来ます。毎日数セットずつ腹筋と背筋を行うことで、上半身を筋肉で支えることができ、腰痛が改善されることでしょう。
capture3
このように、ストレッチとクッションで腰痛は改善することが出来ます。職業病とも言われるものですから、正しい対処法を見つけて、上手に付き合っていきましょう。

Return Top